崩れかけている危険な屋根(軒天)修理

【広島 中区のお客様】


P1080966
この建物の外壁を守るための軒天が、 崩れて危険な状態に。
矢印(横)
DSC01643
修理後、塗装をすませた軒裏。すっかりもとどおりです。
工事名称
屋根(軒天)修理
リフォーム部位
屋根
P1080965

P1080969

P1080973

P1080971

DSC01638

DSC01639

DSC01640

DSC01642

軒先の裏側の天井、「軒天(のきてん)」という部分です。
軒天には建物の外壁に雨風が当たるのを防ぎ、外壁を傷みにくくするという役割があります。

こちらの軒天が崩れてしまい危険な状態でしたので、すぐに修理させていただきました。
劣化し剥がれ崩れていた「軒天」を剥がしますと、中の木材まで傷み朽ちていました。

次の工程で工事を進めました。

1.足場を組むところからスタート

2.下地板を張る
もともとの外壁に合わせ、セメントを塗れる板を使用します
  
3.セメントで塗り固める

4.周りの外壁の色に合わせた塗装を施す

このようにしてすっかりもとの屋根になり、どこが悪かったのかもわからなくなりました!


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆