~現場より~洗濯置き場設置工事

築年数ある昔の造りのお宅には、脱衣室がないところや、洗濯置き場がないところもあります。
今の暮らしには不便に感じられるところですが、建て替えたり、間取りを変更したりせずとも、
洗濯パンを設置するだけで、利便性が上がります


施工前
浴室を出たところにある、タイルの洗い場です。
撤去したあとのスペースに洗濯置き場をつくります。

まず解体から
解体前
このように背面には窓があり、
洗い場の下には収納がありました。

矢印(横)
解体後
解体撤去後



そしてここから 土台となる床、壁の造作工事を行っていきます
床施工中
電気、給排水工事をし、床下地木材を張ります。
排管部分は塞いで作業します。
床壁施工中
壁の下地造作用木材を張ります。
電気の線や、給水の管などは隠れます

施工中1
施工中2

施工中3

この後、壁にはクロス、床にはクッションフロアを貼るので、段差がでないようにパテで平らにしておきます
(上記画像の床や壁にところどころ見られる色の違うところです)
こうして丁寧細やかに作業により、だんだんと床ができ、壁ができ・・と仕上がっていきます

次回は仕上げまでをアップします


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆