【広島 リフォーム】トイレリフォーム工事2

施工前2

トイレのリフォームはまず在来便器やタンク等の撤去から始まります





 
撤去を済ませると現われるのが、「フランジ」で、便器と排水管を接続している部品になります。

フランジ



フランジ
は各メーカーの便器毎に異なる形状をしています。
そのため、交換の際には古いフランジを必ず撤去する必要があります



フランジを無事取り外すと、次は天井・壁・床の貼り替えに入ります
床剥がし
床のCFを剥がしたところ。排水管部分には臭気が上がってこないよう、養生テープで覆ってあります。
壁剥がし
天井、壁クロスも剥がし、凹凸はパテで埋め平らにします。
次回は天井・壁のクロスに床クッションフロア貼り替えと、設備設置の仕上げに入ります。
今回天井、壁ともにお客様ご希望のリーフ柄(葉っぱの柄)のクロスを使用します
こちらのクロスの柄合わせにも気合いが入りますきちんと丁寧に貼らせていただきます


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆