~現場より~マンション共有階段補修工事3

錆びの出ていた階段の塗装を終え、シール工事をします

シール工事は、シーリング工事、コーキング工事と言われることもあります。

シールとは建物の隙間を埋めているゴム状のものです。
建物の継ぎ目の隙間をシールで埋めることにより、建物に水が侵入するのを防止し、
建物全体の防水性をアップさせます。
そしてこのシールも当然劣化します。劣化するとそこから雨水などの侵入により、雨漏りや、サビを生じることになるのです

なので、こちらの階段もシールを打ち替えてこそ補修完了と言えるのです。

シール前
【施工前】
 経年劣化により防水効果も薄れ、サビが出ていました
 (黄色の波線部分)




【施工後】
継ぎ目部分のシールを打替え、再び防水し、サビが出ないようにします
シール後1
ほそ~くグレーのようなもので継ぎ目を埋めているものがシールです

シール後2
このように細やかで丁寧に行う作業は、集中力を必要とするところです


このシールというのはもちろん建物の外壁の継ぎ目などにも施してありますが、
その寿命は外壁よりも短いというのが怖いところです
シールがその防水効果を発揮できないと、外壁に傷みがなくても、雨漏りや建材の腐食により建物の健康を脅かしてしまうのです
このように建物を健やかに保つための定期的なメンテナンスが大切です


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆