ガラリと変えます!フルリフォーム 店舗編 Part3


部分的になりますが、施工工程をご紹介します

まずは、以前の店舗正面です。
入口 施工写真

シャッターを取り壊し、新しくサッシを取り付ける為、下地(骨組み)を作ります
下地ができあがったらサッシをはめ込み、壁板を設置します

今回は窓だけでなく、外への出入りができるよう、新しくドアも取り付けました




倉庫への入り口写真

こちらは新しく倉庫になる部分です
部屋と倉庫の仕切りや壁が無い為、新しく造っていきます。

ここにもサッシを取り付ける為、柱を立てて下地を組み立てていきます
出入り用の扉も設置するので、扉の位置を確認しながら作業を行います



何度か出てきた下地(骨組み)

どのようなものか簡単にご紹介したいと思います!
サッシ 下地
建築でいう下地とは、壁の強度を上げるため、石膏ボードやベニヤ板の裏で組まれている柱のことです。

「間柱」・・「柱」の「間(あいだ)」に取り付けていく柱のことです。

「窓台」「まぐさ」・・どちらも サッシ設置に必要な部材。横向きの下地台で、下は「窓台」上は「まぐさ」と呼びます。


建築では様々な専門用語が出てきますね

今後も少しずつご紹介できればと思っております



さてさて、リフォームの方は今後の様子が気になりますね
またの機会に施工の様子をアップしていきます



◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆