~現場より~梅雨入り前に!屋根・外壁塗装

外壁塗装の目安は築10年と言われていますが、
塗装の経年劣化には主に次のようなものがあげられます

・塗装面が粉をふいたようになる。触ってみると手に粉がつく(チョーキング)
・表面にコケのような汚れがある
・ひび(クラック)が見られる など

これらを定期的にメンテナンスすることで建物の寿命も長くなります。

そして春は雨が少なく気温も上がるので、塗料も乾きやすく塗装には良い季節です

今回屋根と外壁塗装をされるお客様宅です。


足場組立
◆足場組立
 快晴です雨の降りにくい時期ですと
 工期も短くて済みます
高圧洗浄壁

◆高圧洗浄(壁)
 苔や汚れなどをきれいに洗い流します。
 塗料をしっかり密着させるためには、大切な工程です
高圧洗浄屋根1
◆高圧洗浄(屋根)
 ビニールシートでしっかり囲っています。

高圧洗浄屋根2
◆高圧洗浄(屋根)
 途中。汚れているところと綺麗になったところの
 境いがよく分かります
高圧洗浄で汚れを綺麗にした後はケレン、錆止め
こちらの屋根には「雪止め」という、屋根に積もった雪がすべり落ちないように雪を引っ掛けるための部材がついています。
雪止めのケレン

「雪止め」ケレン
やすりで汚れ等を削り落とします。
雪止めの錆び止め

「雪止め」錆止め
錆止めを塗っています。
このように塗装前には細部にわたる丁寧な前処理が必要

次回は塗装前と塗装後の様子をアップします


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆