~現場より~屋上防水!脱気筒設置

防水工事を一通り終え、最後に「脱気筒」を設置します。

  脱気筒とはこちら

脱気筒

真ん中の方にポチッとある筒のようなものです
この脱気筒の役割はと言いますと、表面を覆った防水シートと下地のコンクリートの間に溜まった水分を逃がすことです。



◆設置中と設置完了◆
脱気筒設置中

脱気筒設置


屋上は常に雨風、日光、外気にさらされていますので、水蒸気などの水分が防水層に発生し、
防水層が膨らんで劣化し、雨漏り等の原因となってしまいます
その防水層の膨らみ防止として、脱気筒を設置します広い屋上でしたら、脱気筒がより必要です。

防水工事の際には、防水効果を長持ちさせ、建物の耐久性をアップさせる「脱気筒」も一緒にお考えください


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆