【広島 リフォーム】屋上防水!末端防水仕上げ

まず、前回のシート防水を終えたところです

防水シート敷設
きれいにシートが敷かれています



そして、今回の作業「末端部分の防水処理」です!
下の写真は立ち上がりをアルミ製などの金物で留めて、コーキング材で仕上げ処理したものです。

コーキング
押さえ金物の上にコーキング材を充填
水切り取付
水切り金物取り付けます

水切り取付2
更に水切り取付け部分をコーキング
金物取付後
仕上がり立ち上がり部分をご覧ください

このように防水層を立ち上げて押え金物で止め、上に水切り金物を設ける事で、防水層の末端のコーキングへの雨水を防ぐことができます

末端までしっかりと防水しておくと、新しい防水層も劣化をしにくくなり、建物寿命を長くすることができます

次回は「脱気筒」の取り付けです!


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆