【広島 リフォーム】屋上防水!外装の浮き補修

経年劣化により外壁等もヒビ割れが生じます
そこから下地が変形して外装が膨らんだように見えたりと、浮きや剥がれが生じてくることもあります。

このように外壁などの下地材から外装部分が浮き上がってくると、外装が剥がれ落ちる心配があるため補修が必要となります。
今回はこのようなケースにある屋上のピンニング工法での施工です。


ピンニング工法はざっくりいうと、

浮いている部分にドリルで穴をあける → 内部に樹脂を注入 → ピンを挿して穴をふさぐ
==浮いている部分と躯体を接着
という工法です。


マーキング


【 1 】
事前の調査で浮きのある範囲を調べ(目視ではわからない部分もあるため、ハンマーなどで叩いて調べます)、
注入孔をチョークなどでマーキングしておきます(×印のところ)



穿孔


【 2 】
マークしておいた×印部分にコンクリート用ドリルで穴をあけます。


樹脂注入


【 3 】
穿孔部分にエポキシ樹脂材注入します



【 4 】
樹脂注入後、ステンレスピンを挿しこみます。

ピン挿入1
さらに樹脂をつけステンレスピンを挿します。
ピン挿入2
奥までピンを挿しこみ固定します。
サンダー


【 5 】
工具で削り表面を整えます
下地調整2


【 6 】
施工部分を整えたら下地を均します
ひとまずの作業を終え仕上がりはまた次回に。

ピンニング工法エポキシ樹脂材注入だけではなく、ステンレスピンの挿入を併用して躯体の浮き部を強力に接着させる高耐力のある方法です。



◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆