~現場より~軒先がたわんでしまった屋根4

軒先のたわみを直した後で、これから屋根の葺き替えを行っていきます
工程を写真とともに説明します。


1.ルーフィング施工
雨が浸入するのを防ぐのは瓦などの屋根材ですが、
隙間などから侵入してきた雨から上を守るのがルーフィングと言われる防水シートです。
ルーフィング施工


2.瓦桟打ち
瓦を引っ掛ける「桟木」を釘打ちで固定します。(画像で平行に並べられた木のことです)
瓦桟には、瓦同士の重なり程度を均等にして、見た目だけでなく防水機能をしっかりと持たせる役目と、
瓦がずり落ちないようにする役目の2つがあります。両方とも居住空間を雨風から守るには必須の役目です。
瓦桟打ち


3.唐草瓦施工
軒先に使用する瓦を軒先瓦(軒瓦)を並べていきます。
こちらでは端のほうに丸い飾りが付いている唐草瓦です
唐草瓦施工


4.地瓦葺き
地瓦とは屋根の大半を占めている瓦の部材の事です。
地瓦葺き




c6405f203479b44b5ee5729060864e34-1


次回は屋根のつなぎ目どうしが山折りになっている部分、「隅棟」という部分から完成に向けての施工をご紹介
します!! こちら→


◆◆*・゚゚・*:.。..。.:*・広島のキッチン・トイレ・浴室・洗面のリフォームなら建匠テックへ・*:.。. .。.:*・゚゚・*◆◆